サーマクール完全ガイド 東京版

サーマクール完全ガイド 東京版

サーマクールクリニックの失敗しない選び方

このサイトでは、最新たるみ治療「サーマクール」治療の基礎情報や、体験談、東京都内でおすすめの美容クリニックの情報などを掲載しています。

サーマクールとは?

サーマクールは美容大国アメリカで2002年に開発された高周波RFによる美容治療。
安全性が高く、ダウンタイムもない「切らない」たるみ治療として世界各国のクリニックに導入されています。
肌のたるみやシワ、クマなどに高い改善効果が期待できます。

中でもサーマクールCPT600がいいワケ

サーマクールCPT600がいいワケ今、国内で取り扱っているサーマクールCPTは「CPT400」「CPT600」「CPT900」の3種類が主流となっていますが、その中でも現在もっとも高い評価を受けているのが、CPT600です。一体何故CPT600がいちばん良いという方が多いのでしょうか。その理由を説明します。

まずは基本のおさらいですが、サーマクールCPTの400、600、900とは、それぞれ「ショット数」です。つまり400なら400回、600なら600回、900ならなんと900回も打てます。基本的にショット数が多いほどリフトアップ効果も高まるとされています。では単純にショット数が多いものを選べばいいのでは?と思いがちですが、そうもいかないのです。

400回のショット数だと顔全体のリフトアップを図るには少し回数に不安があります。CPT400を選ぶ場合は、気になる箇所をメインに絞って照射する方が効率的です。次にCPT900ですが、こちらは900回あるのでたっぷり照射できます。ただ、900回も照射するとなると、その分価格も跳ね上がってしまいます。その上、日本人の薄い肌には馴染みにくく、若干オーバースペックとも言えるでしょう。費用対効果を考えると、よほどたるみが激しい方でない限り900は必要ないのでは?と考えられています。

それに対しCPT600なら、回数的に顔全体の照射をするだけの余裕があります。しかも費用はCPT400の1.5倍程度であるにもかかわらず、効果はCPT400の倍以上感じたという口コミが多数なのです。

顔全体をケアできて、なおかつ費用対効果のバランスも取れているサーマクールCPT600。施術を受けた方々からの評価がもっとも高いのもうなずけますね。

カウンセリングから施術まで同じ医師がいいワケ

医療には、医師と患者の信頼関係が不可欠です。特に患者の一生を左右する可能性のある美容外科では、心から信頼できる医師との出会いは、患者にとって非常に大切なことなのではないでしょうか。実はそこに「カウンセリングから施術まで一貫した担当医がいいワケ」が隠されています。

それではまず、カウンセリングと施術を行う医師が違った場合について考えてみましょう。例えばカウンセリングで優秀な医師にじっくり診察をしていただき、信頼できる医師だと感じたとします。ですが当日施術担当として現れたのが全く知らない医師だとしたら、不安に思う方が多いでしょう。

カウンセリングと施術の担当者が違った場合、カウンセリングで聞いていた仕上がりと、実際の仕上がりが全く違ったことになるなんてことも、めずらしくありません。実際に美容外科を利用した方の体験談で「カウンセリングと施術の担当者が違っていたために、細かいニュアンスが伝わらず、思っていたのと全く違った仕上がりになった」といった声も見られました。

カウンセリングから施術まで同じ医師がいいワケやはりもっとも良いのは、カウンセリングと施術の担当者が同じ医師であることです。それも経験豊富な医師であればあるほど安心です。カウンセリングから施術まで同じ医師が担当することにより、患者のニーズの細かい把握が可能となります。逆に患者の側も、事前の説明と施術の間にズレを感じることも少なくなり、治療開始からアフターケアまで医師に高い信頼を寄せることもできるでしょう。

サーマクールおすすめクリニックBEST3 東京編

高いアンチエイジング効果を期待できるサーマクール。近年では、東京の美容クリニックのほとんどがメニューに取り入れています。
今回はサーマクールCPT600の施術メニューがあるクリニックのうち、カウンセリングから施術まで院長が担当してくれ、その上一番安いという、東京の優良クリニックをランキングにしてみました。
サーマクールの施術が受けられるクリニックをお探しの方、こちらのランキングをご覧いただければ、ご自分にぴったりのクリニックが見つかるかもしれませんよ。

第1位

プライベートクリニック吉祥寺

オススメ度:

公式ホームページへ

吉祥寺駅より徒歩1分

プライベートクリニック吉祥寺
料金
CPT600ショット
140,000円※2回目も同料金
信頼性
ウルセラとサーマクールの専門クリニック。長年たるみ治療と研究を重ねたドクターがカウンセリングから施術までを一貫して担当してくれる。
体験者の口コミ
まぶたの重みが軽くなり目元がパッチリしました。目の周りは繊細な部分なので、正直痛みや腫れが心配でしたが、さすがサーマクールの専門である先生。施術中の痛みも軽く、術後の腫れもなくメイクをして帰宅できました。
プライベート型のクリニックなので着替えもメイク落としも人目を気にせずゆっくりできました。クレンジングは3種類、ほかにもタオルやヘアバンドなどのアメニティが充実していて、まるでホテルのようでした。
施術中は部位を変えるごとに「痛くないですか?」と聞いてくれるので安心できました。悩みのたねだったブルドックフェイスもすっきり引き締まり大満足です。
アットホームな雰囲気で、スタッフの方も先生も親しみやすかったです。治療後、すぐにプリンと肌にハリを感じ、1週間後には同僚から「小顔になった」と驚かれました!

おすすめポイント

サーマクール・ウルセラに特化したたるみ治療専門のプライベート型クリニック。完全予約制、クリニック貸し切りなのでリラックスして治療に専念できる。カウンセリングから施術まで日本形成外科学会専門医である院長がすべて行う。たるみ治療を専門とすることで、リーズナブルな価格設定を実現。低価格で高いクオリティが評判で遠方から通う人も多い。

第2位

リッツメディカルクリニック

オススメ度:

公式ホームページへ

表参道駅より徒歩1分

リッツメディカルクリニック
料金
CPT600ショット
186,600円(初回のみ)
信頼性
有名国立大学のドクター陣と連携し、最先端の美容医療を提供するためにつくられた美容医院。
体験者の口コミ
これまで他院で3回サーマクールを受けましたが、効果が長期にわたって持続したのは今回が初めてです。思い切って挑戦して良かったです。
いかにも高級という空間だと気後れしてしまう私でも寛げ、リラックスして施術を受けることができました。施術中には、医師の方が声をかけてくださり恐怖心も次第になくなりました。フェイスラインがキュッと引き締まり、5歳くらい若返ったような気がします。
おすすめポイント

有名国立大学のドクター陣と連携し、最先端の美容医療を提供するために設立。7名の専門医が在籍しているが、サーマクール診療・施術は資格保有者である院長が行う。年中無休なので、予約する予定が立てやすい。(年末年始をのぞく)

第3位

オザキクリニック 新宿院

オススメ度:

公式ホームページへ

新宿駅より徒歩5分

オカザキクリニック 新宿院
料金
CPT600ショット
208,000円
信頼性
症例数12000件以上の実績を誇る都内有数のクリニック。
体験者の口コミ
施術後のメンテナンスメニューも本格的。美白、ハリ、毛穴ケアなど、目的にあわせて選ぶことができ、たるみ改善だけでなく肌全体のトラブルが解消できました。
業界NO.1の年間症例数を誇る病院だけあって、安心して施術を受けることが出来ました。長年悩まされ続けてきた法令腺もすっきり。こんなに顔が変わるとは正直びっくりです。
おすすめポイント

サーマクール診療・施術は院長または独自認定カリキュラムを修了した認定医が行う。より効果を高めるためのオリジナルのホームケアグッズも人気。

サーマクールなら「プライベートクリニック吉祥寺」!

サーマクールが受けられるさまざまなクリニックを比較した結果、いちおしは「プライベートクリニック吉祥寺」に決定です。
その理由をまとめてみました。

サーマクール専門クリニックという安心感とたしかな効果

プライベートクリニック吉祥寺

プライベートクリニック吉祥寺」は、サーマクール・ウルセラといった「しわ・たるみ治療」に特化したクリニック。

美容の施術なら何でもお任せあれという大手のクリニックの良さもありますが、やはり専門治療に特化したクリニックは、その施術にかんする知識と技術を極めているため、信頼できますし、効果も期待できます。
それに、プライベートクリニック吉祥寺は、完全予約制。

1日6名までの貸し切りというシステムなので、リラックスした状態で施術を受けられる店も高ポイント。美を磨く場所としても最適な環境だと思います。

サロンの雰囲気もまるでホテルのような落ちついた雰囲気ですよ。
カウンセリングから施術まで、ドクターが一貫して担当してくれる安心感はやはり大きいですね。

CPT600ショットが140,000円とリーズナブル

プライベートクリニック吉祥寺

一般的な美容クリニックでサーマクールを受けるとサーマクールCPT600ショットで25万以上が相場。
しかし、プライベートクリニック吉祥寺では140,000円とかなり格安
しかも初回限定やキャンペーン価格ではなく、通常価格なんです。

ほかのクリニックと違い、サーマクールとウルセラに特化することで、この金額を可能にしているそうですが、それにしても破格ですよね。
もちろん、安いだけでなく技術も一流。
院長はサーマクール専門医の資格だけでなく、日本形成外科医の専門医の資格も持っている、美容医療のスペシャリスト。

皮膚の構造を熟知し、肌の状態に合わせた出力の調整をしながら施術を行うので高い効果を得ることができるんです。
カウンセリングは30分以上かけて丁寧にヒアリング、痛みに関しても塗る麻酔や笑気麻酔などが充実しています。

わたしも施術をお願いしましたが、施術中もこまめにジェルを塗り足してくれたり、「痛くないですか?」と声をかけてくれたり…。とにかく、対応が丁寧なんです。

そして、なんといっても、仕上がりが自然

プライベートクリニック吉祥寺のメイクルール
「なにか化粧品変えたの?」と聞いてきた友人にもこっそりこのクリニックのことを教えちゃいました♪

管理人の体験レポートはこちらにまとめていますので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

わたしは、お願いしませんでしたが、より効果を発揮したい方は、ウルセラやヒアルロン酸注射やボトックス注射も組み合わせることもできますよ。

「プライベートクリニック吉祥寺」はお値段もお手頃なうえ、高いアンチエイジング効果を期待できるおすすめクリニックです!

案ずるより産むがやすし!一度、サーマクールを受けてみてはいかがですか?

プライベートクリニック吉祥寺の「サーマクールメニュー」一覧

サーマクール施術を受ける前の必須知識

初めてサーマクールを受ける前に、知っておくと安心できる知識をまとめました。ぜひご参考にしてください。

サーマクールの効果とメリット

サーマクールの最大の魅力は、皮膚を切らずにたるみ・シワの改善ができること。メスを使用せずに施術を行うため、ダウンタイムが少ない治療法としても注目されています。「たるみやシワが気になるけど、肌を傷つける施術はこわい」という人にはおすすめの治療法ですよ。

サーマクールは、2段階でたるみ改善を行うのが特徴です。まず、高周波を使用して、レーザーや赤外線では届かない真皮層(肌の土台となる部分)まで熱を送ることで、コラーゲンを収縮させ肌を引き締めます。その後4週間~12週間にわたって熱で傷ついた真皮細胞が、自らを修復しようと大量のコラーゲンを生成するので、内側から肌をよみがえらせてくれるのです。

人間の肌には、傷を自分の力で治そうとする「創傷治癒能力」という機能があります。肌が自己修復する力を上手く利用したサーマクールは、たるみ・シワの改善に効果が高く、また身体への負担も少ない治療法だといえるでしょう。

サーマクールと他の治療法との違い

たるみ・シワの治療で主流になりつつあるサーマクールですが、他の治療法との違いはどこにあるでしょうか?ここでは、数ある治療法の中でも、サーマクールと同じように“切らない治療法”として知られている「ウルセラ」との比較をしてみました。

サーマクールとウルセラの1番の違いは「熱をかける深さ」です。
サーマクールは皮膚の表から2.4ミリに対して、ウルセラは3ミリと4.5ミリ。サーマクールより深いところまで熱を与えられます。

しかし、ウルセラには「肌の奥まで届く分、治療できる範囲が限られている」という問題点もあります。なぜならウルセラは、神経や血管を傷つけてしまう可能性があるからです。

顔には大事な神経や血管が密集しています。皮膚の奥には、とくに重要な神経や血管が存在しているのです。そのため、ウルセラは「部分的に肌の奥に届けたい」治療には向きますが、たるみのように広範囲に行いたい治療ならサーマクールが安全で効果的です。クリニックによっては、サーマクールは「肌全体の引き締め作用」、ウルセラを「部分的な引き上げ作用」として上手く組み合わせて治療しているところもあるようです。

治療を行う際には、医師とのカウンセリングをしっかり行い、自分に合った治療を受けるようにしましょう。

サーマクールと肌の再生医療との違い

サーマクールと肌再生医療の違いは、肌細胞を活性化させる方法になります。効果の持続期間も違いがあるので、それを知っておくとより良い施術が受けられるでしょう。

肌再生医療は、自分の肌細胞により弱体化している肌細胞を活発にさせます。体の内から頬のたるみやしわなど、気になる部分を治していくのです。施術の流れとしては、肌細胞を摘出し、それを活発にさせてから患部に注入となります。当然手術が必要ですので、サーマクールと比べると時間も費用も必要です。効果の持続期間は長期間ですので、一度の施術で少しでも長く効果を持たせたいと考える方に適しています。

サーマクールは衰えた肌細胞に、直接刺激を与えて活性化させます。肌には治癒能力がありますが、サーマクールはその作用を活用した効果的な施術です。メスを入れる必要がなく、日帰りでかんたんに施術を完了できます。費用は範囲により異なりますが、肌再生医療と比べると安く収まる場合も多いです。現在は施術の痛みも少なくなっているので、より多くの方が気軽にサーマクール施術に挑戦できますね。効果の持続期間は個人差もあり、基本的には半年です。しかし、施術自体は手軽に受けられますので、効果が切れたと思ったその時はまたサーマクールの力を借りるのもいいでしょう。

サーマクールの種類と痛みは?

サーマクールは3度のグレードアップをしています。それにより、施術時の痛みが軽減しているのです。2002年に登場した「サーマクールTC3」を皮切りに、2007年登場の「サーマクールNXT(ネクスト)」と続き、最新版の「サーマクールCPT」が2010年に登場しました。現在は最新版もしくは、それ以前の機器が、数々のクリニックに導入されています。

高周波電磁波の熱作用を利用しているサーマクールですので、当然痛みはともなうものでした。むしろ、痛みがある施術と有名であったのがサーマクールでした。しかし、その認識は古いと言えるでしょう。何故なら最新版の「サーマクールCPT」であれば、肌が強い方なら麻酔なしでの施術も可能です。

グレードアップの際、改善点として重視されるのは施術効率を上げることです。患者への負担を軽減する、すなわち施術時の痛みを抑える必要があります。サーマクールは改良を積み重ね、痛みの軽減に成功しました。痛みが要因となりサーマクールに抵抗を持っている方でも、サーマクールCPTを扱っているクリニックを訪ねてみるのはいかがでしょう?痛みを伴わない施術が可能なので、安心してサーマクールに挑戦できます。

サーマクールはどんな悩みに効くの?

現在、世界80カ国以上で使用されているサーマクール。アメリカとカナダでは、厚労省に相当する機関でも認可がおりているそうです。アンチエイジングでこれほどの関心を集めているサーマクールは、どんな悩みに効果があるのか見てみましょう。

  • 肌の引き締め、たるみ・シワ・ほうれい線の改善

    サーマクールの1番の強みは「引き締め効果」です。高周波で真皮部分に軽いやけどを起こさせることにより、コラーゲン生成を活発にし、肌にハリを作るのです。初期のサーマクールは、施術中の痛みが激しいと言われていましたが、最新機器「サーマクールCPT」ではほとんど痛みを感じないので、麻酔ナシで施術が受けられます。また、1ショットで広い範囲に熱を与えられるので、施術時間が短いのも魅力です。

  • 毛穴を引き締める効果により、ニキビを解消!

    サーマクールは皮脂線にも大きな効果を発揮します。高周波が皮脂腺を縮小させ、大量に出る皮脂分泌を抑制してくれます。皮脂の分泌量を整えることにより、毛穴トラブルが解消されて、ニキビが発生しにくい健康な肌になります。シミの改善が目的でサーマクールを受けた人の中には「ついでにニキビの解消もできた!」と、喜んだ例も多いのだとか。

  • 小顔になれる

    たるみのせいで顔が大きく見えてしまう場合、サーマクールで小顔効果も得られます。サーマクールは広い範囲での肌の引き締めに向いているので、頬のたるみなど顔が大きく見える原因を改善して小顔を実現してくれます。

    サーマクールは、ほかの光治療に比べて持続性の高い治療法です。ほとんどの光治療の効果が1ヶ月ほどなのに対して、サーマクールの効果は半年~1年程度持続すると言われています。痛みが少なくて持続性のあるアンチエイジングがしたい人に、サーマクールはおすすめだといえるでしょう。

施術前に知っておきたい サーマクールを受ける流れ

「サーマクールがメスを使わない治療法というのはわかったけど施術の流れはどうなっているの?」と疑問に思った人は多いはず。ここでは、施術前に知ってほしいサーマクールの流れについて紹介します。

  1. 医師とのカウンセリング

    サーマクールの効果やリスクについて具体的な説明を受け、サーマクール治療をしても肌に影響がないかどうか診断します。カウンセリング当日でも施術を受けられますが、日を空けてから施術を受ける人がほとんどです。

  2. 洗顔やクレンジングで準備

    洗顔・クレンジングで、メイクや皮脂の汚れを落とします。

  3. 必要に応じて麻酔

    以前のサーマクール施術は痛みが強かったため麻酔が必要でした。しかし、最新機器サーマクールCPTは、痛みをほとんど感じなくなったため、麻酔がなくても施術ができるようになっています。

  4. マーキング

    アルコール綿で肌を湿らせ、施術する場所に印をつけます。マーキングをする理由は、過剰照射を防ぐこと。さらには、顔が立体的に捉えられるので照射すべき部位の判断がしやすくなります。

  5. テスト照射

    本番の照射の前に皮膚に厚みのある部分(頬など)でテスト照射を行います。施術をミスなく行うために、パソコンでしっかりと肌質を解析し、機器の調整をします。

  6. 本照射

    テスト照射で問題がなければ、いよいよ本照射です。照射時間は30分~1時間程度。ジェルで肌を保護してから、顔全体に高周波で肌に熱を送ります。

  7. 終了

    術後には、保湿ケアを行います。ダウンタイムがないので、施術を受けた帰りにメイクもできます。

  8. 施術後

    サーマクールは施術後すぐに帰宅できますが、飲酒は顔が腫れてしまう可能性があるのでNGです。また、アフターケアとして、なるべく紫外線に当たらないようにするのも大切。帽子や日傘で対策しましょう。

安全性は大丈夫?サーマクールのリスクについて

初期のサーマクールは、痛みが強く麻酔が必要でしたが、最新のサーマクール機器では、痛みをほとんど感じません。とはいえ、肌質は人それぞれなので「100%安心」とは言えません。ここでは、治療を受けることでどんなリスクが伴うのか見ていきましょう。

代表的なサーマクールのリスク例

  • 痛み

    高周波で高熱を与える治療なので、ごくまれに火傷してしまう場合があります。翌日になっても赤くなっていたり、ヒリヒリしていたりしたときは、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

  • むくみが続く場合

    施術後にむくんでしまう人がいます。ほとんどの場合は1日で引きますが、1週間も続く場合は、やはりクリニックに相談が必要です。

  • 思ったより効果がでない

    人によって期待した効果が得られない場合もあります。せっかく治療したのに効果を得られなかった…なんてことにならないよう、悩みがサーマクールで解消できるかどうか、親身になってカウンセリングしてくれるクリニックを選びましょう。

  • 料金が高い

    サーマクールに掛かる費用は100,000~300,000円だと言われています。施術後には、持続性を高めるためや、リフトアップ効果を高めるためのメンテナンスが必要になるので、どうしても費用が上がってしまうそうです。

サーマクールの施術の失敗を避けるためには?

サーマクール施術を成功させるために1番大事なのは「クリニック選び」です。

サーマクールは医師の技術によって効果が左右されます。照射の位置や角度によって効果が変化するので、十分な知識と経験のある医師を選ぶことが大切です。

選ぶ際のポイントとしては、実績はもちろん、サーマクール施術に必要な知識を学んだ医師に与えられる「サーマクール認定医」を目安にするのが確実です。使用する機器についても、開発元であるサーメージ社の機器を使用しているクリニックを選ぶと安心です。より優秀な医師を見極め、後悔のない治療を受けましょう。