サーマクール完全ガイド 東京版

サーマクールクリニックの失敗しない選び方

ケアの種類

このページでは、効果的な顔のたるみケアを紹介しています。

自宅でできる顔のたるみのセルフケア

まずは基本的なセルフケアについて紹介します。

もっとも一般的なのがマッサージです。顔のたるみは余分な脂肪や老廃物により促されますが、この不要物を体外に排出するための臓器に運ぶ器官がリンパ腺になります。この流れが滞るとむくみや脂肪の増加の原因となりますので、マッサージでスムーズにしてあげるというわけです。

また、たるみを解消するためには、適した食べ物を摂り、体内の環境を整えることも大事です。
たとえば、女性ホルモンと似たような働きをする大豆イソフラボンが含まれる納豆。保湿能力を向上させるそうです。プリプリした感触の牛スジや鶏皮も、コラーゲンたっぷりの食材として有名です。

きゅうりをはじめとするウリ科の野菜に含まれるアミノ酸の一種・シトルリンや、玉ねぎに含まれるポリフェノールの一種であるケルセチンも、高い抗酸化機能を持っていたり、血流を改善したり、また新陳代謝を向上させる効果を期待できます。
これらの食品は、栄養素の吸収率が高まる夜に摂ると、いっそう効果的だそうです。

たるみに効く成分の豊富に含まれる化粧品を使うことも、自分でできるケアのひとつ。
コラーゲンの生成を促進する「コエンザイムQ10」や「ビタミンC誘導体」、エラスチン生成を促す「ピクノジェール」、そのほかにも、ヒアルロン酸の生成成分や、リンパ腺、血流の改善に効く成分など、現代の化粧品にはさまざまな成分が配合されていますので、ご自分の目的にあったものを選ぶとよいでしょう。

確実な効果を期待するならプロの施術がオススメ

セルフケアの良いところは、自分のペースでできることです。しかし、効果を持続させるためには毎日の継続がとても大切なので、続ける意思が強くないとなかなか難しいかもしれません。

そこで、プロに頼んでケアをするという方法をいくつか紹介しましょう。

まずはエステティックサロンでのケア。自分で行うよりも効果的なマッサージが受けられます。専用のクリームなどでさらに効果アップを図りますが、やはり定期的に通う必要はありますので、その費用も見込んでおいてください。

美容クリニックでは、もう少し専門的で効果の高い施術を受けることができます。
ここで受けられる施術には、大きく分けて、成分注射、マシン施術、外科的手術といった方法があります。

一番お手軽なのはコラーゲンやヒアルロン酸、ボトックスといった薬剤を注入する方法で、直接たるみやしわのある部分に注射します。しばらくの期間、効果は持続しますが、いずれは切れてしまうので、やはり定期的なケアが必要となります。

フォトRFやポラリス、サーマクールといった、皮膚をを引き締める効果のあるマシンによる施術も人気が高いようです。高周波のラジオ波そのものの能力で皮下組織をひきしめたり、赤外線やレーザーを組み合わせて使います。美肌や小顔の効果もあるということですので、より高いレベルでのたるみケアをしたいひとには、こちらがおススメです。

もっとも効果が持続するのは、フェイスリフトやフェザーリフトと言われる外科的手術です。余分な皮膚を切り取ったり、特殊な糸で内部の組織を吊り上げたりといった、専門医による施術ですが、顔にメスを入れる、ということに抵抗を感じるひとも少なくないため、ここ近年では、切らずにできるたるみ治療を選ぶひとも少なくないようです。