たるみが気になるなら絶対コレ 東京のサーマクール完全ガイド
たるみレーザーの専門クリニック3選
プライベートクリニック吉祥寺
クリニックの
専門性
サーマクール・
ウルセラ専門院
サーマクール
の料金
80,000円~
公式サイトで詳しく
シロノクリニック
クリニックの
専門性
レーザー治療専門院
サーマクール
の料金
150,000円~
公式サイトで詳しく
ペルラクリニック神宮前
クリニックの
専門性
サーマクール・
ミラドライ専門院
サーマクール
の料金
150,000円~
公式サイトで詳しく
たるみが気になるなら絶対コレ 東京のサーマクール完全ガイド » 修正地獄にならないために 施術別に見るたるみ治療の失敗談 » フェイスリフトの失敗談 » フェイスリフトとサーマクールを比較

フェイスリフトとサーマクールを比較

ここではフェイスリフトの効果について説明。サーマクールと安全性や持続性について比較してみました。

確実に効果を実感するならフェイスリフト

フェイスリフトとは、髪の生え際や耳の周りなどから皮膚を切開し、緩んだ皮膚や筋肉を引っ張り上げて固定し、余った皮膚を切除して縫い合わせる手術法です。
術後は半永久的な効果が期待できます。

フェイスリフトは、用途に合わせた種類や治療法があります。
顔の上3分の1は額リフト、顔の中心はミニリフト(中顔面リフト)、目の外側はこめかみリフト、頬から首までをフェイスリフトと分類しており、部分で手術することも可能です。

治療法ですが、代表的な2つの施術があります。
まず一般的な方法のSMAS(表在性筋膜群)が上げられます。この方法は皮膚だけでなく、皮膚内の筋肉も一緒に引き上げることで、たるみを解消する手術です。
もう1つの施術方法のリガメント法は、リガメントという靭帯を1度切り離し、その後、皮膚や筋膜を引き上げた後に、リガメントを再度固定する方法です。
SMASより費用は高額になってしまいますが、術後の後戻りが起こりにくく、より長く効果を持続させることができます。

フェイスリフトとサーマクールの比較

フェイスリフトのメリット ・高いリフトアップ効果
・施術したい箇所を重点的にリフトアップ
フェイスリフトのデメリット ・傷が残る
・アフターケアのため通院が必要
サーマクールのメリット ・顔に傷が残らず、ダウンタイムがほとんどない
・施術後から約半年間効果が持続
サーマクールのデメリット ・人によっては即効性を感じられない

フェイスリフトの施術の特徴は、何といっても高いリフトアップ効果にあります。耳の辺りの目立たない部分から切開し、たるんだ皮膚や筋肉を直接引っ張って固定。見た目を大きく若返らせることができる施術です。

患者の症状や希望によって施術方法を選べるのも、フェイスリフトのメリット。皮膚内の筋肉を皮膚と一緒に引き上げるSMAS法と靭帯を引き上げるリガメント法、さらに額リフトやミニリフト、こめかみリフトなど患者の希望する箇所を重点的にリフトアップできる施術です。

対してフェイスリフトのデメリットは皮膚に傷が残ることやダウンタイムの長さ、高額な費用が発生すること。傷が目立たない髪の毛の生え際や耳の辺りからメスを入れますが、傷は必ず残るため目立たなくなるまで髪の毛やメイクで隠す必要が。

またメスを入れる以上、合併症もありえるということを視野に入れないといけません。施術からしばらくは傷による一時的な感覚の麻痺があり、感染症の可能性も。合併症を防ぐためにも施術後は定期的にクリニックに通い、医師の診断のもと適切なアフターケアを受ける必要があります。

一方、メスを使わないサーマクールは顔に傷が残らないのが最大のメリット。身体に必ず傷が残ってしまうフェイスリフトと比べて、手術を決断するまでの精神的負担や失敗するリスクを考える必要がありません。また身体に傷を付けないので合併症の心配も不要。フェイスリフトに比べて安全性の高い施術です。フェイスリフトは施術後に何回か通院が必要になってしまい、クリニックへ通うのも大変。サーマクールの場合、効果が持続している間はクリニックへ通う必要がないのでオススメです。

サーマクールは施術から数ヵ月に渡ってじょじょに効果が増していきます。施術直後から効果を実感できるフェイスリフトと比べると即効性は劣りますが、日を追うごとに効果が高まってくる治療です。

まゆ美の体験レポ公開中!
サーマクールのリアルな効果とは

比較した結果:こんな人におすすめ