たるみが気になるなら絶対コレ 東京のサーマクール完全ガイド
オススメクリニックBEST3
プライベートクリニック吉祥寺
サーマクール
CPT600
140,000円
サーマクールアイ 80,000円
公式サイトで詳しく
フェミークリニック
サーマクール
CPT600
198,000円
サーマクールアイ 110,000円
公式サイトで詳しく
シロノクリニック
サーマクール
CPT600
380,000円
サーマクールアイ 150,000円
公式サイトで詳しく
たるみが気になるなら絶対コレ 東京のサーマクール完全ガイド » 修正地獄にならないために 施術別に見るたるみ治療の失敗談 » フェザーリフトの失敗談 » フェザーリフトとサーマクールを比較

フェザーリフトとサーマクールを比較

ここでは、メスを使わずにリフトアップ効果が期待できるフェザーリフトの特徴について紹介しています。サーマクールとメリット・デメリットを比較しているので、確認しておきましょう。

メスを使わずに若返り効果を実感できるフェザーリフト

フェザーリフトとは、皮膚を切らずに糸を使い、顔周りのしわ・たるみを解消する美容整形の1つです。返しが付いた特殊な糸を皮下組織に埋め込み、たるんだ皮膚を持ち上げてくれます。施術も30分程で終了し、局所麻酔を使用するので、痛みもほとんど感じないようです。
施術後しばらくすると、糸の周囲にコラーゲンやエラスチンやヒアルロン酸が生成され、肌にハリがでたり、たるみの予防効果を促進してくれます。

合併症やリスクもほぼ無く、気になる部分を組み合わせながら治療することができます。また、皮膚を切開しないので、傷跡もほとんど残りません。料金も高額で切開する治療のフェイスリフトを断念した方が、気軽に利用することができる美容整形です。

フェザーリフトとサーマクールの比較

フェザーリフトのメリット ・即効性がある
・リフトアップ効果が3~5年継続する
・通院回数が少ない
フェザーリフトのデメリット ・施術後に内出血や腫れがでる
・ひどくたるんでいる場合は効果がでにくい
・顔に異物感がでることがある
・施術費用が高額
サーマクールのメリット ・フェザーリフトと比べて施術費用が安い
・ダウンタイムの心配がほとんどない
・肌への負担が軽い
サーマクールのデメリット ・半年~1年で効果がなくなる
・フェザーリフトよりも通院回数が多い

フェザーリフトは30分程度の施術で軽度のたるみを改善できます。美容効果が3~5年続くので、効果維持のために何度も施術する必要がありません。そのため、通院の手間を省くことができるのが最大のメリット。施術後は痛みや内出血がでる可能性がありますが、1~2週間程度でリフトアップ効果が実感できるのも魅力です。ただ、肌のたるみが大きい場合はあまり効果が感じられないので要注意。また施術に慣れていない医師だと、たるみが解消されないだけではなく、顔のバランスが悪くなってしまうケースもあります。糸には返しが付いているので気に入らなかった場合の手直しは難しいと言われており、施術前の状態に戻すのは困難です。

一方、サーマクールはフェザーリフトのように皮膚に糸を入れないため安全性が高く、内出血や腫れといったダウンタイムの心配がほとんどありません。

また、フェザーリフトの持続期間は3~5年とサーマクールより長いですが、1~2週間程度は内出血や腫れなどのダウンタイムがあります。施術後に肌に異物感の症状が現れた人も少なからずいるようです。肌に糸を入れることに抵抗がある人は、サーマクールのほうが良いでしょう。

まゆ美の体験レポ公開中!
サーマクールのリアルな効果とは

比較した結果:こんな人におすすめ