たるみが気になるなら絶対コレ 東京のサーマクール完全ガイド
たるみレーザーの専門クリニック3選
プライベートクリニック吉祥寺
クリニックの
専門性
サーマクール・
ウルセラ専門院
サーマクール
の料金
80,000円~
公式サイトで詳しく
シロノクリニック
クリニックの
専門性
レーザー治療専門院
サーマクール
の料金
150,000円~
公式サイトで詳しく
ペルラクリニック神宮前
クリニックの
専門性
サーマクール・
ミラドライ専門院
サーマクール
の料金
150,000円~
公式サイトで詳しく
たるみが気になるなら絶対コレ 東京のサーマクール完全ガイド » 修正地獄にならないために 施術別に見るたるみ治療の失敗談 » リファームSTの失敗談 » リファームSTとサーマクールを比較

リファームSTとサーマクールを比較

ここでは、たるみやしわを改善する効果が期待されるリファームSTの特徴を説明しています。サーマクールとメリット・デメリットを比較してみました。

2種類の異なる方法で治療

リファームSTは、2種類の異なる方法を使用してお肌の治療をおこなう方法です。赤外線と高周波を使用していて、その2つを同時にお肌に当て続けることによって、表皮から真皮にまで届けることができます。

また、むらなく全体に照射できることも特徴。まず赤外線によってお肌を加熱してその後高周波の作用によって真皮全体にむらなく熱が伝わっていきます。リファームSTで採用されている赤外線のクロモファー(発色の原因となる分子の一部のこと)は水ですから、お肌の色に影響するメラニンやヘモグロビンなどは分子を吸収しにくいのです。そのため、どのような肌の色でも真皮まで熱が到達しやすくなっています。

リファームSTを照射することによって、効率よく熱が伝導した真皮は、創傷治癒と同様の過程を経てコラーゲンの増殖や再構築をおこないます。その過程で肌のハリがもどり、引き締まりなどが期待できるでしょう。

リファームSTとサーマクールの比較

リファームSTのメリット ・施術直後から効果が感じられることもある
・ダウンタイムがとても少ない
・刺激が少なくあまり痛みを感じない
リファームSTのデメリット ・エネルギーの出力が弱い
・持続性がない
・何回も施術をしないと効果が出にくい
サーマクールのメリット ・照射のエネルギー出力が高い
・初回から効果を感じられることもある
・効果が長続きする
サーマクールのデメリット ・治療する費用がほかと比較して高額になることがある
・施術の途中で痛みを感じる場合もある
・施術後に肌に赤みなどが出ることがある

リファームSTは赤外線と高周波の2種類を使用しています。ダウンタイムが少なく、痛みのリスクもあまりないのですが、その分、治療の回数が多く、照射が5回から6回となっています。サーマクールでは治療効果が実感できるまで1回から2回程度ですから、通院の負担でもかなり違いが出てくるでしょう。また、効果の持続性においても、個人によって差はありますが、サーマクールのほうが長く持続すると感じる方が多いようです。ただし、お肌の状態や体の状態などで治療を受けられない場合もありますので、自分にはどちらの治療が適しているかは、必ず医療機関に相談してから実施してください。

まゆ美の体験レポ公開中!
サーマクールのリアルな効果とは

比較した結果:こんな人におすすめ